息抜きと生物学

お勧めグッズ、バイオ系の内容など 博士課程学生の生態の一例です。

絶品レンジでパスタ

こんにちは。うちPです。


最近は、研究室で夕飯を食べることが増えてきました。


一番気に入っているのが「パスタ」です!


研究室には、コンロも鍋もないので


電子レンジで簡単にパスタを茹でられる容器を使っています。


気に入ったので、紹介したいと思います。

 

 

エビスの

プライムパックスタッフ 絶品レンジでパスタ

です!

 

 

これ、ほんとにおいしく茹でられます。


よくあるタイプだと、

パスタと水を入れ

パスタのゆで時間+何分間

電子レンジで温める。

というものだと思います。

 

しかし、これは

水ではなく、「お湯」を入れます。

そして、

パスタのゆで時間通りに(600 Wで)温める。
(500 Wにも対応)


というものです。

 

 

パスタの茹で時間と、量によってお湯の量が変わります。

茹で時間は、2分のものからから12分のものまで対応しています。


容器に線が入っているので、わかりやすいです。

f:id:Uchi_P:20210216015710j:plain

1人前用(100)gと2人前用(200 g)の線が入っています。

 

私は、150 gぐらい茹でていて、2本の線の間ぐらいまでお湯を入れています。


お湯は多くても470 mLです。
(茹で時間11~12分、200 g)


鍋でゆでると、100 gのパスタに対して、だいたい1 Lぐらい必要で、

沸騰するまで時間がかかったり、塩の量の加減とか、慣れないと大変です。

 

水を入れて電子レンジで茹でる容器だと、

パスタの量や種類に応じて、水の量と温める時間が変わることがあります。


大抵の場合、100 g刻みでしか水量や時間がかかれていません。

なので、150 g茹でるのはなかなか大変。

なんか堅かったり、逆にべちゃべちゃになったり。。。

 

しかし!

エビスの容器だと、お湯の量を合わせるだけです。

パスタの量と種類に応じて、水の量を調節するだけなので、簡単です!

パスタ150 gの場合、"大体100 gと200 gの間ぐらいの湯量"でいけます(笑)


また、湯切りの必要がありません!

パスタによる吸収と蒸発で

ほとんどお湯がなくなります!


レンジが終わったあと

容器内で麺を数回混ぜて終了!

 

お皿に盛って、パスタソースをかけて食べてます!

 

 

週3~4日は、夕飯がパスタです(笑)

 

ラボの後輩に勧めたら、めっちゃ気に入ったみたいです(笑)

 

鍋でゆでるより簡単なので、家でパスタを作るときにもおすすめです!!

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング