息抜きと生物学

お勧めグッズ、バイオ系の内容など 博士課程学生の生態の一例です。

顕微鏡シリーズ

こんにちは。うちPです。

 

顕微鏡について、複数回に分けて書いてみようと思います。


今までのように、細かい話は除きますが、


これまでの内容と比較するとマニアックなものになると思います。


研究室で顕微鏡を使い始め、少し慣れてきた学生などの参考になればいいかなと思っています。

 

 

生物系の研究で特に使用頻度が高そうな(個人的見解)

「位相差顕微鏡」「微分干渉顕微鏡」「蛍光顕微鏡」「共焦点顕微鏡」

にスポットしてみます。

 

学生実習などでは「位相差顕微鏡」や「蛍光顕微鏡」は使うことが多いのではないでしょうか?

 

今後増えるかもしれません(笑)

 


第一回:顕微鏡とは

第二回:明視野顕微鏡、位相差顕微鏡

第三回:微分干渉顕微鏡

第四回:蛍光顕微鏡 1~蛍光とは~

第五回:蛍光顕微鏡 2~フィルター~

第六回:レンズの特性

第七回:共焦点顕微鏡

(第八回:共焦点顕微鏡の種類)

 

今のところこんな感じの予定です。

あくまでも”予定”です。


書き終えるのに時間がかかりそう(笑)

 

顕微鏡とは

ということで、まずは

顕微鏡とは何ぞや?


おそらく、小学校や中学校で一度は使ったことがあると思います。


こいつです。

f:id:Uchi_P:20210116000353j:plain

Amazon.co.jp: ミザール ML顕微鏡 ML-1200: カメラ

小さいものを、レンズを使って大きく見るためのものです。

 


もちろん、研究で使っているのはもっとちゃんとした(?)やつです。

 

鏡で光を集めたりはしてませんよ(笑)

 

 

 

一言で顕微鏡といっても、仕組みの違いによってさまざまな種類があります。


上の図のように、サンプルに光を当てて、

 

その反射光や透過光などを見るタイプのものを

 

光学顕微鏡

 

といいます。

 

 

光の代わりに、電子線というものを使うのが電子顕微鏡です。

SEMとかTEMとか。

光学顕微鏡よりも細かいものを観察することができます。

今回は、光学顕微鏡以外触れません(笑)

 

 

 

そんでもって、光学顕微鏡の中にもたくさんの種類があります。


明視野、微分干渉、蛍光、共焦点、などなど。。。


キーエンスのホームページに顕微鏡の種類がたくさん載っていたので、リンクをのせておきますね。

主な種類と性能 | 顕微鏡を知る | 顕微鏡入門ガイド | キーエンス

 

これらすべてを使うことは珍しいと思います。

 

この中でも特に、生物系の研究室で使用頻度が高そうなものについて

 

書いていこうというシリーズになります(笑)

 


ということで、

 

第二回めは

 

「明視野顕微鏡と位相差顕微鏡」

 

について書いてみます。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

生物学・生物科学 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所